新潟記念 2020

スポンサーリンク
新潟
スポンサーリンク
イクオス

ハンデ戦ということもあり毎年人気薄が好走し、高配当を生み出すレースとなっている。



新潟芝2000M コース特徴

2000mの外回りコースは古馬(3歳以上混合)のレースで使用され。2000mでコーナーが2回のコースは、日本ではここだけ。最初の3コーナーまでの距離は948m(Aコース時)にも及ぶ。3~4コーナーはスパイラルカーブで、やや急な下り坂。仮柵によるコース設定はA、Bの2パターンで、最後の直線距離はともに659m。道中ペースが緩みやすく、上がり勝負になりやすい。

 

 

過去5年

開催年    1着  前走人気    2着  前走人気    3着  前走人気
2019 2番人気  5番人気 6番人気  1 番人気 8番人気  2番人気
2018 1番人気  2番人気 6番人気  14番人気 13番人気  6番人気
2017 6番人気  4番人気 1番人気  1番人気 12番人気  9番人気
2016 2番人気  1番人気 1番人気  3番人気 9番人気  13番人気
2015 稍 6番人気  4番人気 9番人気  2番人気 13番人気  8番人気
前走5番人気以内が好走しやすい。

 

斤量

開催年 1着 前走 2着 前走 3着 前走
2019 57.0 58.0 -1 54.0 57.0 -3 57.0 56.0 +1
2018 54.0 57.0 -3 57.0 57.0 ±0 53.0 56.0 -3
2017 55.0 52.0 +3 56.5 56.0 +0.5 55.0 55.0 ±0
2016 55.0 57.0 -2 58.0 57.0 +1 53.0 53.0 ±0
2015 56.0 56.0 ±0 56.0 56.0 ±0 54.0 54.0 ±0
4頭
± 6頭
5頭
上記の表から斤量の増減での好走の差はあまりないと言える。

 

 

ラップ

開催年 前半3F 後半3F タイム
2019 34.9 34.4 1:57.5 やや時計は出やすい馬場。ブラックスピネルが先手をとって、外回りではあるものの、ペースを落とさずに逃げていた。
2018 35.6 34.6 1:57.5 Aコース使用での最終日で高速馬場ではない。マイネルミラノが先手をとってスローペース。
2017 35.2 34.6 1:57.9 やや速めの時計が出る馬場。ややスローペース。
2016 35.0 35.1 1:57.5 やや速めの時計が出る馬場。メイショウナルトが後続を離して逃げ、2番手以下はゆっくり進んだ。追い込み決着。
2015 稍 35.5 35.1 1:58.2 昼から雨が降り始め、午後は時計の掛かる馬場。アーデントが序盤からハナに。2番手は離れて進んだ。
前半はややスローペースになりがち、最終日で高速馬場になりにくい。

 

 

通過順位と上り

開催年 1着 2着 3着
2019 18頭 ⑬⑫ 33.6 ④④ 33.9 ⑰⑮ 33.6
2018 13頭 ⑪⑪ 33.5 ⑫⑬ 33.6 ⑫⑪ 33.9
2017 17頭 ②② 34.6 ④⑤ 34.1 ③③ 34.2
2016 18頭 ⑰⑰ 32.7 ⑬⑬ 33.2 ⑯⑯ 33.1
2015 18頭 稍 ③③ 34.3 ②② 34.6 ⑧⑥ 34.2
4コーナー10番手以降でも差しが届く、レースラップになっている。

 

前走上り順位

開催年 1着 2着 3着
2019 5位 1位 1位
2018 8位 6位 3位
2017 3位 3位 7位
2016 1位 3位 4位
2015 6位 13位 13位
前走の上り順位3位以内の馬が7頭占めている。

 

 

まとめ

  • 前走人気馬
  • 前走斤量が56.0、57.0
  • 前走上り順位が3位以内