クイーンステーク 過去データ

スポンサーリンク
札幌
スポンサーリンク
イクオス

はじめに

1953年に4歳(現3歳)牝馬による重賞競走として創設。当初は東京と中山で施行場が何度か入れ替わり、1980年からは馬場改修工事があった1988年(新潟)を除いて中山競馬場で、秋華賞が新設されるまではエリザベス女王杯、新設後は秋華賞のトライアルとして定着していた。

2000年に牝馬競走体系整備の一環として、施行場を札幌競馬場に変更するとともに4歳(現3歳)以上の牝馬限定戦となり、レースの位置づけや性格はこれ以降大きく変わることとなった。

 

札幌競馬場 芝1800m コース特徴

スタンド手前の直線半ばからスタート。1コーナーまでの直線距離は185mと短いため先行争いはやや激しくなるが、2コーナーまでには落ち着いて、前半3Fが35秒台に突入することは少なく、比較的ゆったりとしたペースになりやすい。

札幌競馬場全体の傾向として、小回りコース、しかもコーナー角度が緩いということもあり、逃げ、先行馬が有利。追い込みはほとんど決まらず、直線入口までには好位のポジションを取っておかないと苦しい。

 

過去5年の結果

すべて良馬場で行われた。

2019年 1番人気 上り34.0 5番人気 上り33.4 9番人気 上り33.8
2018年 1番人気 上り33.7 4番人気 上り34.4 2番人気 上り34.7
2017年 2番人気 上り35.5 6番人気 上り34.4 8番人気 上り34.4
2016年 9番人気 上り33.8 1番人気 上り34.0 11番人気  上り34.0
2015年 7番人気 上り34.1 1番人気 上り34.6 4番人気 上り34.6

上り34.0前半を使える馬が好走している。

 

通過順位

2019年  1着馬 4-4-4-4  2着馬 9-9-10-10  3着馬 5-7-6-6
2018年  1着馬 10-9-10-7  2着馬 8-8-8-6  3着馬 3-3-3-2
2017年  1着馬 1-1-1-1  2着馬 6-7-6-5  3着馬 8-10-10-7
2016年  1着馬 4-4-4-4  2着馬 2-2-2-2  3着馬 7-8-7-7
2015年  1着馬 9-9-7-7  2着馬 4-3-3-3  3着馬 2-3-4-4

好位からの差し馬の活躍が目立つ

 

ペース

2019年 前半36.2 後半34.5 1:47.0 速い時計の出る馬場
2018年 前半34.4 後半34.6 1:46.2 速い時計の出る馬場
2017年 前半35.2 後半35.5 1:45.7 かなり速い時計の出る高速馬場
2016年 前半36.5 後半34.3 1:47.7 速い時計の出る馬場
2015年 前半35.5 後半35.1 1:47.1 速い時計の出る馬場

今年の出走馬で

逃げ馬はナルハヤ、ダガノアスワノの2頭がペースを握るだろう。

 

まとめ

毎年、速い時計の出る馬場状態だが、逃げ馬、先行馬が決して有利ではなく、好位からの差し馬の活躍が目立つ。