札幌新馬戦追い切り 芝1500M 8/15

スポンサーリンク
新馬
スポンサーリンク
イクオス

札幌芝1500M コース特徴

1コーナーポケットからのスタート。向こう正面直線の合流地点まで170mと短いためテンは速くならない。フルゲートは14頭だが、スタートから斜めに走るため、外枠に入った馬と追い込み脚質の馬は不利。内枠に入った逃げ、先行馬が組み立ての中心になる。日本唯一のコースとあってか、コース適性は重要で、好走歴のある馬は以降も注意が必要。

 

馬番 馬名 騎手 追切本数
1 1 コンジュラメント 柴山 5 フラリオナ(馬なり)に直前仕掛けて遅れる。
2 2 フラリオナ 吉田隼 6 最終追い切りは余力ある動きで3歳2勝馬に直線併入。動き抜群。
3 3 ソルティエラ 池添 4 初戦から動ける。
4 4 カーラミーア 横山和 14 美浦での乗り込み豊富で好感が持てる。時計は決して速くないが動ける態勢。
5 5 エイボンクリフ ルメール 9 初戦から期待。勝ち負け。

 

4番カーラミーアは兄、姉はダート馬で勝利している。血統背景からダート馬かもしれない。