関屋記念 2020

スポンサーリンク
新潟
スポンサーリンク
イクオス

 

新潟芝1600M コース特徴

向正面からのスタートで3コーナーまでの直線距離は約550m。古馬の上級条件では前半3F34秒台に突入することも珍しくない。バックストレッチの内回りと外回りの分岐点を過ぎたところから、約1.7mの坂を上る。3~4コーナーはスパイラルカーブで、やや急な下り坂。直線は日本最長の659mで、ほぼ平坦。新潟コース実績がある馬は要注意。他コースで凡走が続いていても、新潟コース替わりでパフォーマンスを上げてくるケースは多い。

 

過去5年

過去5年は良馬場で行われた。

開催年 1着 前走人気 2着 前走人気 3着 前走人気
2019 1人気 8人気 6人気 4人気 4人気 1人気
2018 1人気 5人気 5人気 3人気 3人気 4人気
2017 7人気 2人気 4人気 5人気 5人気 3人気
2016 3人気 2人気 7人気 5人気 1人気 6人気
2015 2人気 2人気 6人気 8人気 9人気 10人気

5番人気以内   
前走5番人気以内 

前走人気馬or今回人気馬が好走しやすい。

ラップ

開催年 前半3F 後半3F タイム
2019 34.7 34.1 1:32.1 速めの時計が出る馬場。マイネルアウラート(17着)がハナに立って後続を離したが緩めのペースで、2番手以下はさらにスロー。直線決め手勝負。
2018 34.2 34.4 1:31.6 速めの時計が出る馬場。エイシンティンクル(3着)が先手。ペースが落ちることなく進んだ。
2017 35.2 34.3 1:32.2 前日の雨で当日の午後から良馬場。マルターズアポジー(1着)が先手をとって後続を離し、ハイペースではなく、直線でも先頭を譲らずに逃げ切り。
2016 34.4 34.7 1:31.8 やや速めの時計が出る馬場。3頭が入れ替わりハナに立ち、ペースは落ち着かなかった。
2015 36.4 33.3 1:32.6 前日稍重からスタート。馬場は乾くがパンパンではない。レッドアリオン(1着)がペースを落として逃げた。

 

ゴール前の長い直線が意識されるため、前半はある程度緩んだ流れになるのが通例。ローカルでは前傾ラップでの持続力勝負となる重賞も多いが、そのようなレースとは質が異なる。

逃げ馬のペースに注目。スロー、ミドル、ハイペースによって、先行差し、好位差し、後ろ差し、追い込み馬に展開が向く。

 

 

通過順位と上り

開催年 1着 2着 3着
2019 ⑭-⑮ 32.2 ⑤-⑥ 32.9 ③-③ 33.2
2018 ⑨-⑧ 33.4 ⑮-⑮ 32.8 ①-① 34.6
2017 ①-① 34.3 ②-② 33.9 ④-④ 33.6
2016 ⑥-⑥ 33.7 ③-③ 34.2 ⑭-⑭ 33.1
2015 ①-① 33.3 ⑧-⑩ 32.4 ③-③ 33.0

4コーナー6番手以内 ピンク

4コーナー10番手以降の馬は速い上りを。

先行差し、好位差しの馬の活躍が目立つ。

 

まとめ

 

前走人気馬or今回人気馬で4コーナーで6番手以内の先行差しが出来る馬が好走する条件。