紫菊賞 2020

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イクオス

京都芝2000M コース特徴

内回りコース(秋華賞が行われるコース)を使用し、コースを1周する。正面スタンド前の直線半ばからのスタートで、1コーナーまでの距離は309m。1コーナーまでの距離が短く、先行争いが激しくなりがちなのだが、下級条件では向正面でペースが緩み、息の入った先行馬が短い直線でなだれ込むというケースが多い。向正面から3コーナーにかけて約3.1mの上り坂があるが、それ以外は平坦。3コーナー入口に坂の頂上があり、4コーナーにかけて一気の下り坂。最後の直線は328m(Aコース時。B、C、Dコース時が323m)。

一方で秋華賞のように中盤も淀みなく流れると先行馬が苦しくなり、差しや追い込み馬が台頭する。ゴール前の直線が短く、先行有利のように見えるが、コーナーでゴチャつくため先行馬は馬群で揉まれやすく消耗しやすい。長い脚よりも、一瞬の脚が求められる。乗り難しいコース形態で波乱が起きやすい。

 

 

 

過去5年

開催年  1着 前走着順  2着 前走着順  3着 前走着順
2019 稍重 7頭  6番人気 1着  1番人気 1着  3番人気 1着
2018 良  7頭  1番人気 1着  3番人気 1着  6番人気 1着
2017 良  6頭  4番人気 1着  1番人気 4着  2番人気 1着
2016 良  9頭  4番人気 1着  1番人気 1着  2番人気 3着
2015 良  8頭  1番人気 1着  4番人気 1着  2番人気 1着
圧倒的に前走1着馬が有利

 

最終追い切り

開催年 1着 2着 3着
2019 稍重 7頭 栗坂 併入先着 栗芝 併入 DP 先行遅れ
2018 良  7頭 栗坂 併入先着 栗坂 単走 CW 単走
2017 良  6頭 栗坂 単走 CW 併入先着 CW 追走遅れ
2016 良  9頭 栗坂 単走 栗坂 併入 栗坂 併入
2015 良  8頭 栗坂 単走 栗坂 単走 栗坂 単走
1着は栗坂で追い切りを行っている。
最終追い切り 栗坂 該当馬

  • コートダルジャン
  • マカオンドール
  • ヨーホーレイク