新馬戦追い切り 8/1 札幌

スポンサーリンク
新馬
スポンサーリンク
イクオス

札幌 芝1500M

1コーナーポケットからのスタート。向こう正面直線の合流地点まで170mと短いためテンは速くならない。フルゲートは14頭だが、スタートから斜めに走るため、外枠に入った馬と追い込み脚質の馬は不利。内枠に入った逃げ、先行馬が組み立ての中心になる。日本唯一のコースとあってか、コース適性は重要で、好走歴のある馬は以降も注意が必要。

 

馬番 馬名 騎手 調教本数
1 1 ヴァーチャリティ 松田 5 5本全ての追切を松田騎手が跨っている
2 2 カシェル 横山武 13 5本で併せ馬を行い動ける態勢は整った
3 3 オパールムーン 横山典 3 本数は少ないが最終追い切りで3歳未勝利に先着している
4 4 トランセンドパス 柴山 4 時計はイマイチだけど併せ馬を3本格上と行っている
5 5 ブリュンヒルデ 柴田善 8 7本で併せ馬を行っている騎手が一度も追い切りで跨っていない
6 6 プラチナレディ 団野 3 本数が少ない時計もイマイチ
7 7 ユキノフラッシュ 岩田康 5 5本全ての追切を岩田康騎手が跨っている
8 8 ゲノム 大野 4 最終追い切りで騎手が跨って3歳1勝一杯を馬也で先着
9 9 ククナ ルメール 7 7/22の美坂(稍)での追い切り時計が好タイム伸びを感じる動き

 

まとめ

 

1番ヴァーチャリティと7番ユキノフラッシュを全ての追い切りで騎手が跨っており好印象。また、2頭とも札芝で好時計で、他のメンバー(4番は札芝で追い切っていない)より時計が速い。

 

1番ヴァーチャリティの先週の追い切りで合わせた馬が新馬勝ち。その馬に先着する動きを見せている。

 

3番オパールムーン、6番プラチナレディ、8番ゲノムは全ての追い切りを札幌で行っている。

 

9番ククナは美坂での追い切り時計が優秀。だが、他での追い切り時計は平凡。

 




アナと雪の女王を観るなら<U-NEXT>

アニメ観るなら<U-NEXT>